13. 計測データをCSVでダウンロードする#

計測データをCSVとしてローカルPCに書き出すことができます。

注釈

過去データ(Stored Data)をCSVで書き出す場合は、データの読み込みが終わってから書き出しを実行してください。

この機能では、ウェブブラウザー上に読み込まれたデータのみを書き出します。 過去データの読み込みの途中でCSVを書き出すと、不完全なCSVが出力されます。

注釈

大きな計測データは書き出せないことがあります

Data Visualizerに読み込めないほど大きな計測データは、書き出すことができません。

計測データが大きすぎて読み込めない場合は、「Download stopped because the data is too large to be loaded to the browser.」と表示され、読み込みが止まります。

この場合、以下のいずれかを行って対象データを小さくしてください。

  • calendar-icon Preview Stored Data機能を使って、読み込み対象の時間範囲を短くする。

  • スクリーンへのデータのバインドを減らす。Data Visualizerは、スクリーン上にバインドされたすべてのデータ(エッジ、Data Type、Data ID、Channelが指定に一致するもの)を読み込もうとします。 現在画面に表示されているスクリーンだけでなく、読み込み済みのすべてのスクリーンについて確認してください。

13.1. CSVダウンロードの種類#

CSVダウンロードには、オプション設定が2種類あります。

../_images/image217.png
1 Output Hex value before data conversion

チェックを入れると、変換前のバイナリデータ(例えば車両での計測におけるCANデータ)をHex値でダウンロードします。

OFFの場合(物理値)の出力例:

"#timestamp","51_Analog_p5V:ch0@51_apt_an[edge1]"
"1649397290.214403",1.0090028229190506
"1649397290.220803",1.0090791180285341
"1649397290.227203",1.0090791180285341
"1649397290.233603",1.0090791180285341
"1649397290.240003",1.0090028229190506

ONの場合(Hex値)の出力例:

"#timestamp","51_Analog_p5V:ch0@51_apt_an[edge1]"
"1649397290.214403","0xA93361515B5342650000000000000000"
"1649397290.220803","0xAA335151385350650000000000000000"
"1649397290.227203","0xAA335451155322650000000000000000"
"1649397290.233603","0xAA334A511E533A650000000000000000"
"1649397290.240003","0xA93367514C5331650000000000000000"
2 Output Timestamp for display

チェックを入れると、「年月日 時分秒」形式の時刻が最初の列に追加されます。 出力例:

"#timestring","#timestamp","51_Analog_p5V:ch0@51_apt_an[edge1]"
"'2022/04/08 14:54:50.214403","1649397290.214403",1.0090028229190506
"'2022/04/08 14:54:50.220803","1649397290.220803",1.0090791180285341
"'2022/04/08 14:54:50.227203","1649397290.227203",1.0090791180285341
"'2022/04/08 14:54:50.233603","1649397290.233603",1.0090791180285341
"'2022/04/08 14:54:50.240003","1649397290.240003",1.0090028229190506

注釈

出力ファイルの命名規則

yyyymmddhhmmsss{開始日時}-yyyymmddhhmmsss{終了日時}.csv

13.2. CSVダウンロード#

13.2.1. 全パネルのCSVダウンロード#

全パネルのCSVダウンロード[Select All]にチェックを入れると全パネルのデータを対象としたCSVファイルがダウンロードされます。

../_images/image221.png

13.2.2. Edge毎のCSVダウンロード#

Edgeの名前にチェックを入れると、選択したEdgeパネルのデータを対象としたCSVファイルがダウンロードされます。

../_images/image222.png

13.2.3. Data毎のCSVダウンロード#

Data名にチェックを入れると、選択したDataを対象としたCSVファイルがダウンロードされます。

異なるEdgeのデータを選択可能です。

../_images/image223.png

13.2.4. サンプリング周期の設定#

Sampling cycleで出力するデータのサンプリング周期の設定ができます。 設定したサンプリング周期に応じて時間をそろえた形でデータが出力されます。

※ 周期においてもっとも近い時間の値がデータとしてセットされます。

※ 前のデータがない場合は、空白でセットされます。

../_images/image224.png

サンプリング周期設定値: -(サンプリングしない)、1000ms、100ms、10ms、1ms